タグ別アーカイブ: vimrc

KaoriYa版Vim7.3を導入しました

昨年のいつだったかは定かではないんですが、KaoriYaさんがVim7.3を発表されていたので導入しておりました。

しかし、この段階のVimではWindows環境の場合、ファイルパスに半角スペースが含まれるとファイルが開けない(デスクトップのファイルは開けない)というバグが残っていました。作業用のディレクトリをCドライブ直下に置いて対応していましたが、1/9付で最新版のKaoriYa版Vimが発表されていたので早速インストールしました。該当のバグは解決してました。

インストール自体は解凍して、展開し、各種Pluginの設置を行うだけなのですが、何のPluginを導入したのか分からなくなってきたのでまとめておきます。

要は個人的なメモです。

インストール

  1. 香り屋さんからVimをダウンロードして、適当なディレクトリに展開
  2. diff用のexeファイルをvimのディレクトリに設置(参考:名無しのvim使い | Windows環境のvimエディタでdiff機能を使うには)
  3. vimrc/gvimrcの記述を追加(最新版を整理し、既存の設定を反映)

続きを読む

「もっと早く知りたかった」と思ったvimrc設定

vimrcをいじり始めると納得するまでいじってしまい仕事が手に使ない皆さん、こんにちわ。

このところ、vimrcに新たな設定を幾つか追加したのでまとめてみます。どれも、もっと早く知りたかった!と思うものばかりでした。

(),[],{},<>,””,’’,“入力+()の中にカーソル戻す

HTMLでもPHPでもRubyでも、()を入力する場合には”()+←+中身を入力”という風に、いつも”←”をタイプしていました。面倒だな!といつも思ってたところ、先日偶然晒されているvimrcの中から以下の設定を発見しました。(どこで見つけたかは忘れました。)

imap {} {}<Left>
imap [] []<Left>
imap () ()<Left>
imap “” “”<Left>
imap ” ”<Left>
imap <> <><Left>
imap “ “<Left>

“()”を入力すると、カーソルが勝手に()の間に戻ります。余分なキーをタイプしなくて済むようになりました。

続きを読む

Vimステータスラインに参照辞書を追加する(statusline)

e2esound.com:Vim:ステータスラインの設定(statusline)

以前のエントリに追加で、Vimのステータスラインを変更してみました。

これまでは、ステータスライン左側から、
[ファイル名] [ファイルの種類][ファイルのフォーマット][エンコーディング][現在の行数]
という形を採用していました。

さらに、参照している辞書についてもステータスラインに表示させたくなり、vimrcを書き変えた次第。
続きを読む