タグ別アーカイブ: skk

日本語入力:SKKIME

日本語入力のプログラム作った人ってすごいな!!と思いました。
入力システムが違うだけでここまで作業に差が出るとは思っていませんでした。

これも単にIMEに甘えてきた自分がここにいるからな訳で。

昨日書いたUbuntuの日本語入力の弱点に対して、
yamaさんからSKKというものを薦められました。

SKK(エスケイケイ、Simple Kana to Kanji conversion program)は、Emacs上で動く、
日本語インプットメソッドの一つである。
(Wikipedia-‘SKK’より)

Emacs系の日本語入力システム。

「個人辞書」にない単語をサーバなどから検索し確定した場合、単語をどんどん「個人辞書」に取り込むドラスティックな方法を取っています。「個人辞書」を最優先し、個人で使用頻度の高い候補順に変換されるので、ヒット率が非常に高いです。   (SKK Openlab:SKK の特徴とは

何だか、凄いな。使うほどに劇的に成長する日本語入力ということですね。

そんなSKKのWin版「SKKIME」を使用してみました。
とても変わった日本語入力です。
続きを読む