タグ別アーカイブ: jasrac

MPA音楽著作権管理者養成講座って何?

履歴書を書く時にいつも↑を資格欄に書くけれど、認知度は低いので一苦労。

ググっても主催側の情報は出てくるけど、受講者からの情報は少ないようなので紹介してみます。
多分、こういう情報が欲しい方もいると思いますので。

■とりあえず、何なのよ?

音楽出版社協会(=MPA)が主催する音楽ビジネスや著作権に関する講座です。
著作権法、JASRAC実務、音楽出版、著作権契約書、原盤制作などなど
音楽出版が手がけるビジネスについて基本事項から実務まで勉強します。
受講料は136,500円。

■どういう雰囲気の講座?

週に1回、1コマ55分×3。平日午後です。
受講者のほとんどは音楽業界に関わる方です。音楽出版社、レコード会社、著作権管理団体、その他などなど。
(2006年度の名簿では、164/190人が音楽業界の人でした。)
講師は音楽出版のレジェンドな方々から文化庁の偉い人、JASRACの職員の方、弁護士、大学教授など多岐にわたります。
続きを読む

「知的財産推進計画2008」に目を通してみた

知的財産推進計画2008(速報版)が発表されてたので、サクッと目を通してみる。

特に気になるのはP.94の(3)スピーディーな権利処理を実現するための環境を整備する

③音楽のネット配信に対応した権利処理を改善する
 音楽のネット配信市場の拡大に伴い急激に増加した権利処理手続が効率的に行われるよう、楽曲コードの付与作業や照会作業等に必要な作業を集中的に処理する第三者機関が2008年中に設立するよう支援する。

とても気になる内容ですね。どのような組織になるのか?そして、2008年度中に設立できるのか?
J-CIS構想の何度目かの煎じ直しのような気がしてならない。統一したフォーマットでのデータベース構築、連携処理。

データベースにしてしまえば、問題はどうにか解決するかも知れない。しかし、データベースの取扱は非常に面倒が多い。権利が絡む分より複雑になってしまう。

  1. 入力されるデータは正しいか
  2. 入力したデータは正しいか
  3. 権利者が変わった場合にはどう対応するのか

権利が移転した場合には頭が痛い。
例えば、「音楽著作権」でやり玉に挙げられるJASRACで管理されている楽曲に関しては、JASRACの使用料規定で定められた使用料を支払えば済む。
2002年以前の管理事業者がJASRACだけだった当時なら、権利者が移転してもJASRAC内部で処理されることなので、使用者はJASRACにいつも通りの報告&支払作業をすれば良かった。

2002年4月以降、「仲介業務法」の廃止と「著作権等管理事業法」の施行によって現在の姿になった。
イー・ライセンス、ジャパン・ライツ・クリアランス、ダイキサウンド、そしてJASRAC。
続きを読む