タグ別アーカイブ: agatsuma.survive

agatsuma.survive#05(きのこる会)を開催しました

入場口画像

agatsuma.survive#05(きのこる会)を開催しました。スピーカーを含め計12名での開催となりました。

3月に @sugimoto1981 さんと飲んでいた時に「やろうやろう」という話から始まって開催となりました。当日はゲストに @sugimoto1981さん, @ahomu さん, インスパイアデザイン の家富さんにスピーカーをしていただきました。

(生)きのこるというふわっとしたテーマで不安があったもののスピーカーの皆さんのお話がしっかりとしており面白かったです。私自身もスピーカーとして少し話ましたがどんな内容を話したかは少しアレな内容なので内緒です。

「みんないろいろ考えて仕事してるんだなぁ」というところが実感できて良かったです。懇親会も含め普段はなかなかしない突っ込んだ話ができました。

参加者の皆さん, スピーカーの皆さんご参加ありがとうございました。次は多分ビアガーデンにいくよくわからないイベントを夏にやります。

agatsuma.survive#05(きのこる会)を開催します

agatsuma.survive#05

久しぶりに勉強会を開催します。

agatsuma.survive#05(きのこる会) – connpass

開催情報

  • 日時: 2015/04/18(土) 13:30 – 16:30 (開場・準備13:00, 閉場17:00)
  • 会場: イノウエビル 第2会議室(群馬県高崎市八島町265)
  • 人数: 25名
  • 参加費: 1000円(学生無料)
  • ゲスト:
    • sugimoto1981さん
    • ahomuさん
    • 家富正幸さん

続きを読む

agatsuma.survive#03(git会)を開催しました

agsrv03

7/13(土) に高崎市で Git を扱う勉強会を開催しました。参加総数は 12名 + サポート6名と survive シリーズの中では最大となりました。

当日の内容

大体の流れだとこんな内容になりました。

  1. オープニング
    • 自己紹介
    • 勉強会の説明
  2. git に関するお話
  3. コマンドライン入門
    • 未経験者向けの基本
  4. Git Level 1
    • init, add, commit を使った基本フロー
    • 基本フローを使った実践
  5. Git Level 2
    • push, pull
    • Remote/Local
    • github を使った実践
  6. Git Level 3
    • branch
  7. クロージング

メインは私が用意した資料をベースに講義を進める形でしたが, サポート参加の皆様のご協力の元臨機応変にある程度レベルにあわせて半ば強引にとりあえず進めるといった形でした。

サポート参加の皆様のご協力がなければ勉強会として終了しなかったと想います。ありがたやー!

続きを読む

[git会準備その2]bashを追加して読みやすい設定を追加する

前回の「MacにHomebrewを入れてgitをインストールする」 に続く記事です。

Mac環境でコマンドラインが不慣れな方が予想されるため, bashというコマンドラインシェル(黒い画面の中で動くインターフェイス)を新しいものにし, さらに簡単な設定ファイルを設定し扱いやすくしておこう!という目的を達成すべくこんな記事も書いてみる次第です。

bash のインストール

インストールはgitと同じく, Homebrew の brew コマンドを使用して簡単に済ませます。

$ brew install bash 

環境に問題がなければ, この方法で bash がインストールされます。インストールが完了したら bash のバージョンを確認してください。

$ bash --version 
GNU bash,  バージョン 4.2.45(2)-release (i386-apple-darwin12.4.1)
Copyright (C) 2011 Free Software Foundation,  Inc.
ライセンス GPLv3+: GNU GPL バージョン 3 またはそれ以降 <http://gnu.org/licenses/gpl.html>

This is free software; you are free to change and redistribute it.
There is NO WARRANTY,  to the extent permitted by law.

インストール後, Terminal.app を再起動してください。

Mountain Lion であれば 4.2.45が入るようです。brew コマンドを使ってインストールする以前に3.2系が入っているので, 3.2系の表示が出た場合にはインストールに失敗した, ということになります。

続きを読む

[git会準備]MacにHomebrewでgitをインストールする

git会の参加申込みを締め切りました。参加者の方には当日までにgitを入れてきていただく必要があります。※コマンドラインでgitが操作できるように

参加者には申込時に使用PCのアンケートを取りました。結果、gitのインストールをサポートする必要があるのはMacユーザの方だけのようです。この記事を読んでインストールしてみてください。

続きを読む

git会にゲストが, さらに東京からプログラマが来ます

掲題のとおりですが, git会にゲストを呼ぶことにしました。

デザイナさんにgitを使って貰いたい, と強く思っています。そこでプログラマの私がgitの利用シーンについて説明するよりも, お仕事でgitを使われているデザイナさんにお話していただいた方がいいだろう, と思いたちデザイナー向けプログラム部 (P4D) にご相談させていただきました。

ゲスト

ゲストは @machida さんです。

KUROIGAMENP4D 等の活動をされており, 「デザイナーも黒い画面使おう!」と数年前から発表や勉強会をされています。私がデザイナさんに「git使おうよ」という話をする時に, 黒い画面を使うデザイナさんもいますよ?と紹介させていただいている人でもあります。

群馬でお話を聞ける機会は滅多にないので, machidaさん目当てで参加するのもありかもしれません。

詳細は調整中ですが, デザイナ視点からgitの利用についてお話していただく予定です。

プログラマが東京から遊びに来ます

@tatsuoSakurai さんと @udzura さんもご参加いただけるとのことです。

さくらいさんは, 個人的には飲み友達でもありますが, スタートアップRuby の著者の1人でRubyistです。「LTしたい!」とのことなので調整します。

うづらさんもRubyistであり, Web+DB PressのRuby連載をされている方ですね。Padrinoのドキュメント日本語化でもおなじみです。

何が起こっているんだ…

こんな機会はしばらくないので来ましょう

何が起こっているのか私自身もよくわかっていないのですが, 群馬の勉強会でこの3人に囲まれながら何かを学べることはもうない気がするので来ましょう。

WIn環境でgitをインストールする方法の調査

高崎でgitを学ぶ会(agatsuma.survive#03)の開催を予定し、少しずつ準備を進めています。

今度の勉強会では、次のような人がターゲットになるかと思います。

  • プログラマ
  • マークアップエンジニア, コーダー
  • デザイナ

普段からコマンドラインを使って作業をしているであろう人たちに加え、デザイナさんにも来ていただけるといいなぁ、と思うわけですが、そこで問題になるのが「gitのインストールコスト」です。当初、virtualboxにubuntuを入れてもらって〜といったことを考えていましたが、virtualbox以外の最近の方法を教えてもらいました。

次の方法です。

  • msysgitを入れて使う
  • Github for windowsを入れて使う(※Bashがついてくる)
  • Chocolatyというwin向けのパッケージマネージャを使う

それぞれ折角教えていただいたので、個別にインストールして使ってみました。環境はMac上のParallels DesktopにWin7で試しています。

続きを読む