カテゴリー別アーカイブ: Music

mF247オークションその後。

先日、このblogにも書いたmF247の事業譲渡交渉権のオークションは、「クエイク」に落札されたとのこと。

ITmedia:「mF247」優先交渉権、落札者は「ウマウマ」CDのクエイクだった 1000万2000円でひろゆき氏をかわす

代表のDJ UTO氏は懐かしの「マネーの虎」で資金を獲得した人ですね。
楽曲の音楽配信も積極的に行っているようです。

(いつの間にか、こういう方向だったのか・・・とも思いましたが)
続きを読む

mF247事業譲渡の可能性と展望

株式会社に・よん・なな・みゅーじっくが運営する「mF247」が事業譲渡する可能性が出てきました。
よりにもよって珍しい方法を取るようです。こういうのは初めて見た気がする。

ITmedia:「mF247」運営者をヤフオクで募集 優先交渉権を競売
続きを読む

着うたとレーベルモバイル;独占禁止法

レーベルモバイルという企業をどれだけの方がご存じだろうか?

「着うたはレコ直!!」

といった方が話が早いかもしません。この企業の変わった所は各レコード会社、原盤保有企業がそれぞれ出資して作った音楽配信企業だということです。

現状では、いくつかのレコード会社が携帯電話の音楽配信サイトを運営していたりもします。
それ以前に各社が音楽配信を行うために作った企業ということになります。

レーベルモバイルが先日、公正取引委員会から独占禁止法違反を認定されました。
実際にどのように取引をしているか見てきた身としては???と思う部分もあります。他社の音楽配信サイトも確認すると、着うた/着うたフルともに配信されている状況だからです。
続きを読む

音楽編集ソフト歴

たまには、音楽ネタを持ち出してみることにしてみました。音楽編集ソフト使用歴でも。

私の音楽編集歴のスタートは4trのマルチ・トラック・レコーダーからでした。その後変遷を経てPC環境へ。
最初は、YAMAHA XG WORKSでMIDIを打つようになり、どうせなら録音もしてしまいたいよね、ということでDAW環境へ。

DAW = Desktop Audio Workstation
机の上で作曲、録音、編集(ミックスダウン)、マスタリングまで対応するソフトウェアと周辺機器です。

最初に使用したソフトはEmagic社のLogic Silverでした。
環境は、

  • 自作PC=CPU1GHz、メモリ512MB、HD40G、OSはWin98SE
  • オーディオ・インターフェイス=Roland MS-3100Pro(12chデジタル・ミキサー)
  • MIDIインターフェイス=YAMAHAの3,000円くらいの
  • MIDIキーボード=YAMAHAの小さいの
  • その他ソフト=e-magicのソフト・サンプラー
  • 最大48kHz/24bit

Logicシリーズの中でも、最もグレードの低いSilverを選択したため、オーディオ・トラックの録音可能数やMIDIトラックの数にも上限がありました。
続きを読む

演奏で悩んだらやるべきこと-Volume&Velocity

楽器の演奏や表現で悩んだらやってみる価値のあること。
サクッと表現するなら、

「無意識のうちにやっていることを意識してみる」だけなんですが、ちょっとした小技?としては有効かもしれません。

「表現の幅がせまい」と感じるプレーヤーの場合、Volumeに意識を集中させていることが多い気がします。音量を大きく出すため、小さく出すための演奏です。

※イメージ
vel1

ここからが挑戦のお時間です。
Volumeに加えて、Velocityを意識してみる。

Velocity(速度)は、ピアノなら打鍵の速さ、ギターならピッキングの速さ、ドラムならアタックの速度をいいます。
Vocalなら声を出す際の息の速度です。

※イメージ
vel2

この要素を演奏時に加えてみる。
さらには、VolumeとVelocityを混ぜ合わせて表現を意識してみる。

不思議と、音の変化に気づくと思う。
音量と音の速度を意識する。それだけですが、やってみる価値はあると思います。
(お金掛からないし)

P.S.Velocityって、MIDIのパラメーター何ですがね、実は。

スターリング・サウンド

今更ながら宇多田ヒカルの一番新しいアルバム「HEART STATION」を聴きました。

サクッと耳を通して感じたのは
「全体的な音の雰囲気が違う」ことでした。

何でだろう?と思い、ジャケットをよくよく見てみたらレコーディング・エンジニアもマスタリング・エンジニアも私の想像していたGo Hotoda氏ではありませんでした。前回のアルバムの時は、Go Hotoda氏だったと思うんだけど…雰囲気がガラリと変わりましたね。

マスタリング・エンジニアはスターリング・サウンド。納得。
より洗練された作品。より都会的な仕上がりになっていますね。

続きを読む