カテゴリー別アーカイブ: 東吾妻町

大雪でメール配信されなかったことに対する町長の答弁がおかしい件

2 月にあった大雪の際に, 東吾妻町で運用しているメール配信システムが一切機能しなかった件に関する続報です。

東吾妻町議会の 会議録 ページにて 3/5 から 3/18 に開催された 「平成 26 年第 1 回定例会 東吾妻町議会会議録」(PDF) が公開されました。この中で根津議員の町政一般質問の中で大雪に関する質問がされています。(P.195から)

続きを読む

「岩櫃城 忍びの乱」のサイトが忍んでてマジRock

Twitterでアフィリエイト目的と思われるアカウントが呟いていたのを見かけたのですが、東吾妻町が後援に入っているイベント?なのか、企画?なのか?いわゆる?町おこし的な?そういう感じの?何かがあるらしいんです。

岩櫃城 忍びの乱 | Home 

このサイトがまたすごくてですね。

続きを読む

奈良市のサイトがやばいって聞いた

数日前から Twitter の TL で見かけていたブログ記事について。

奈良市公式サイトのパンくずが斜め上を行くヤバさな件 | Seamonkey-Director

あーこれはやばいですねー地元民としては厳しいですねー, と思う前に奈良市のサイトを開いてみました。

URL から気づいたこと

奈良市: http://www.city.nara.lg.jp/www/toppage/0000000000000/APM03000.html

トップページの URL ですが変わった形式でかなり特徴的です。これを見た時にかなり驚きました。続いて私が住む東吾妻町の Web サイトの URL を見てみましょう。

東吾妻町: http://www1.town.higashiagatsuma.gunma.jp/www/toppage/0000000000000/APM03000.html

あっ。これ同じシステムのやつだ!!

ということで, パンくずも同じような状態になっています(ページ数が少ないので奈良市ほどにはなっていない)。ついでに知っているものだと, 東吾妻町と同じ郡内にある草津町も同様です。草津温泉のある草津町です。

草津町: http://www.town.kusatsu.gunma.jp/www/toppage/0000000000000/APM03000.html

尚, 東吾妻町と草津町については 2008 年に作られてからリニューアルはされていない模様なので,デザインが云々等ありますが, マークアップ方法も含めて仕方ないところも結構あるのかなと個人的には思っています。

奈良市のアクセシビリティガイドラインどこ?

地方公共団体のサイトでアクセシビリティ, または JIS X 8341-3 といった話題が出るならすぐ思い浮かぶのは みんなの公共サイト運用モデル ですね。

委託仕様書(PDF) の内容をざっと確認してみたところ, JIS X 8341-3 に関しても言及しているし, ある程度「みんなの公共サイト運用モデル」を意識して作られていることが伺えます。

「みんなの公共サイト運用モデル」ではアクセシビリティ方針を策定し公開するように書かれていますが, 奈良市のサイトを探しても見当たりませんでした。検索結果にも見当たりません。また, 委託仕様書にガイドライン作成に関しても業務の一部として書かれているので, 恐らく文書としては存在しているが公開されていないだけなのかもしれません。

もし奈良市民の方であれば, 委託仕様書に関する業務に関して, 「ガイドラインは存在するのか?」を確認されるといいんじゃないかなと思います。ちなみに, 「みんなの公共サイト運用モデル」に基づくと, アクセシビリティガイドラインは昨年度末までに策定・公開されているらしいです。

※東吾妻町では公開されていません。

ついでに書くと, アクセシビリティガイドラインに基づいた試験結果が見当たらない気がする。気がするだけかもしれない。

まとめ

公共団体のサイトって難しいですね。

東吾妻町のサイトの件については, 町長に直接資料持って会いに行ったり知り合いの議員さんに説明したりしましたが, きちんと改善されること&&改善される見込みが立つことはありませんでした。予算の問題だったり,町の借金の問題だったりもあるので…

なぜ大雪にもかかわらずメールは配信されなかったか

すでに 2 週間ほど前のことになりますが, 大雪が降りました。その時に現在住んでいる東吾妻町で運用されているはずのメール配信システムからまともなメールが来ませんでした。

大雪を前にメール配信システムは沈黙した | e2esound.com業務日誌

この件に関して, メール配信システムに関する情報公開請求を行いました。申請してからすぐに資料を用意していただきました。また, メールが配信されなかったことに関して簡単に説明をしていただけました。

メールが来なかった理由

防災計画にメール配信を行う規定がないから。

続きを読む

大雪を前にメール配信システムは沈黙した

※詳細を確認するために調査を行いました: なぜ大雪にもかかわらずメールは配信されなかったか 

群馬県吾妻郡東吾妻町というところに住んでいます。今回の大雪時にひっそりと発生していた問題について忘れないように書いておきたい。

メール配信サービス

東吾妻町では, 町から情報を発信するメール配信サービスが2013年9月1日よりスタートしています。

このサービスは携帯電話やパソコンのメールを利用して、東吾妻町に関係すると思われる
「防犯情報」「気象情報(警報、注意報)」「地震」「火災」等の情報をお知らせします。

東吾妻町Webサイト: 「メール配信サービス運用開始のお知らせ」 より

続きを読む

お正月休み3日目: 定形業務の時間短縮を目論む

お正月休み3日目ですが、本日からは一部担当している案件の処理が始まります。

e2esound.comでは開発以外にも地元地域のwebサイトやECサイトの運用・運営のお手伝いをさせていただいています。なかなか、地域的に人を入れて〜とか予算的に誰か追加して作業を進めるというのは難しいご時世です。

しかし、それでも作業はしなければなりません。そこで可能な限り作業時間の短縮を図っていきたいところ。今日は某案件の大量のファイル処理の見直しを行いました。

状況

月に1度アクセスや売上のデータを取りまとめる必要があります。全ファイル総数で150程度。それぞれのファイルがあまり適当ではない形で出力されてくるので、そのファイルを適当な名前に変換し特定のディレクトリに保存。さらにそこから中身を開いてExcelにまとめ直す作業もあります。

このファイル名の変更がかなりの曲者で、全部手作業でやると結構な時間がかかり、ミスも頻発します。さらにExcelへのデータの転写も非常に面倒なわけで。

ということで、すべて段階的に作業方法を切ってプログラムで対応させることにしました。

対応

  1. ファイル名の変換
  2. 不足ファイルの有無を目視チェック(集計タイミングによって条件が異なり自動化できない)
  3. ファイル名をディレクトリへ移動
  4. 集計用コマンドを用い新しいCSVを発行
  5. 発行したCSVをExcelで開いてコピペ

この程度の区切りで作業方法を変更し、それぞれコマンドを作成しました。動いているシステムのや将来的な作業者の環境を考えPHPで書いています。

結果

5時間程度の作業が1.5h以下に短縮されました。

今年は定形業務のうち、より簡素化できるものの見直しや単純化、さらにはプログラムで対応できるものはどんどんやっていこうと思います。短縮した時間で新しいことを始めたい。

あー○えむえす!!あー○えむえす!!

吾妻専用のブログを始めました

こちらで書いてもいいんですが、吾妻地域専用のブログをひっそりと始めてみました。

吾妻ぶろぐ: http://blog.agatsuma.org/

こちらで書いてもいいんだけれど、何だか情報が濁るし、間に技術ネタが挟まるのも見苦しいので分けました。
サーバはさくらVPSになってます。(別にどれでもよかったけど手元で空いてた)

観光情報とか、食べ物とかお酒とか、まぁいろいろあるにはあるので書き綴っていこうと思います。

東吾妻町第1次総合計画後期基本計画(素案)へのパブリックコメント募集が始まりました

先月このブログでも紹介した東吾妻町のパブリックコメントの募集が始まりました。

東吾妻町: 東吾妻町第1次総合計画後期基本計画(素案)へのご意見を募集します

2日前くらいに東吾妻町のWebサイトTopページ「最新情報」にページヘのリンクが掲載されていたんですが、10/5本日の時点でTopページ上からはリンクが消えてしまいました。最新情報の「過去分」をクリックすると一覧の中にまだ残っていますが、このまま日にちが経過すると見つけづらいところに隠されてしまいそう。

これが今後5年分の後期基本計画に対するパブリックコメントの扱いだと思うと、非常に胸が熱くなりますね。(ヾノ・∀・`)ナイナイ

ちなみにですが、東吾妻町Webサイト上の検索機能を利用し「パブリックコメント」を検索した場合、パブリックコメントのページが存在しないので注意が必要です。「パブコメ」で検索するとヒットします。パブリックコメントで検索結果がないので盛大なギャグだなぁと思った次第です。

東吾妻町webサイトをパブリックコメントで検索した場合の表示

尚、素案の中身については、前期に対して後期の計画ということで、前期の内容と比較しながら読んでみることをオススメします。同じ文章が沢山あります。

多分、「東吾妻 パブリックコメント」で検索すると、このブログが先にヒットするんだろうな…

東吾妻町第1次総合計画後期基本計画へのパブリックコメント募集と情報発信について

地元東吾妻町には, 多くの市町村が発行するのと同じように広報誌「広報ひがしあがつま」があります。毎月上旬に回覧板で回ってきますが, 今月号に掲題のとおりのパブリックコメントの募集があったのでいろいろ調べてみました。久々に長文になりそうな予感。

広報ひがしあがつま2012年9月号(PDF)

パブリックコメント募集の詳細については, 上記PDFのP8最上段左側に記載があります。

10/1からの募集だからなのか, 今のところ町のWebサイトには情報が載っていないようです。(残念なことにPDFの元データのタイプの影響で検索エンジンでも見つからない)

パブリックコメントの対象

東吾妻町は, 平成の大合併によって東村(アヅマムラ)と吾妻町(アガツママチ)が1つになり誕生した町です。

新しく町が誕生し, そこからどういったまちづくりをして行こうか, どういった基本方針を取ろうかといったことが, この総合計画にまとめられています。

この総合計画の後期計画(平成25〜平成29年度)の素案についてのパブリックコメントとのことです。内容については10/1〜の公表なので, まだ詳細はわかりません。何か気になることがあれば書いてみるかなぁということで, 前提知識として, 総合計画周りの資料を確認してみました。

総合計画に関する資料

東吾妻町 計画

このページに掲載された資料から2つ読んでみました。ざっくり確認用の概要と総合計画全体の資料です。

情報発信やWebサイト, ITに関する項目

とりあえず全体を読んでみて, 自分の仕事の分野に関係ありそうなものをピックアップ。

まず町の情報発信の手段として, Webサイトの活用についての必要性と施策があります。”ホームページ”は正式にはWebサイトのことですね。情報発信強化していきます!といった内容ですが, 今や当たり前に必要なことでね。

情報交流の手段として、本町のホームページの活用にも積極的に取り組んでいますが、
さらに情報化社会に対応した情報発信手段等の高度化に努めるとともに、町民が親しみやすい
広報活動のより一層の推進に努めていく必要があります。

引用元 東吾妻町総合計画(全編) P33 1-2 情報公開・情報共有の推進 現状と課題

情報化社会に対応した情報発信手段としてのホームページを積極的に活用するとともに、
町民が親しみやすい広報活動のより一層の推進に努めます

引用元 東吾妻町総合計画(全編) P33 1-2 情報公開・情報共有の推進 施策の展開

次に, インフラに関して書かれている中でインターネット環境や情報発信力の強化について触れられています。

町民と行政との双方向による情報共有のできる環境整備に努めます。また、情報セキュリティー(安全・保護)対策
及び情報通信技術(ICT)教育・研修を充実させ、電子自治体の構築を進めます。

引用元 東吾妻町総合計画(全編) P43 2-4 情報通信基盤整備の推進 施策の展開

このICT教育や研修というのは, 町の職員に対してなんでしょうか?町民向けには聞いたことがなく検索にも特にヒットしないですね。現状としてもICTの活用は全体としてはかなり未熟だと思うので必要性は高いと感じています。

パソコンやインターネットを利用する機会は今後ますます高まっていきます。
こうした状況をふまえ、町民の学習意欲にこたえるため、情報関連の講座や
パソコン、インターネット教室等を開催し、町民の情報化能力を高める施策を展開します。

引用元 東吾妻町総合計画(全編) P43 2-4 情報通信基盤整備の推進 施策の展開

私が戻ってからは実施された記憶がなく, 施設としても町内にPCを扱える部屋は無かった(小中学校にはあるはず)と思うので, あれー???

心当たりがある施設といえば中之条ツインプラザが挙げられますが, 今年度から中之条町の所有になったはずなので, 恐らく無いですね…あれば使いたいところですが。

総合計画に対して町のWebサイトの運用状況はどうか

東吾妻町Webサイト: http://www1.town.higashiagatsuma.gunma.jp/www/toppage/0000000000000/APM03000.html

同業のデザイナさんやプログラマに見せると, まず「URL長いし, どうなってんだよ!」と言われますね。調査中に偶然見つけたんですが, URL末尾の”APM03000.html”を”APM01000.html”に変えてアクセスすると左側にフレームが登場します。すごい!(棒

東吾妻町Webサイト(実はフレーム表示もできる編): http://www1.town.higashiagatsuma.gunma.jp/www/toppage/0000000000000/APM01000.html

温泉で有名な草津町でも同様の現象が確認できるので, 同じところが作っているんでしょう。

Mac環境が悪いのかブラウザがGoogle Chromeなのが悪いのか判然としませんが, 表示が壊れていたりもしました。尚, 使用しているブラウザは一般的に普及しているもので通常であれば表示に対応する必要がある範囲のアプリです。恐らくWindows版の同様のブラウザでも表示が壊れているものと思います。

Topページ下部のキャプチャ
東吾妻町webサイトTop表示ずれ

Webサイトというものは, その時々の流行の影響や予算によっても作り方が変わってくるので, 一概には言えない部分もありますが, パッと見で表示がずれていたので印象としてはこのサイト壊れてると思いました。。。

少し調べてみると, 突っ込みどころは多数あったりします。Webサイトとしての体裁の時点でサックリ調べてこれだけありました。

  • WebUD(読上げツール)は最新のOSに対応していないし, 開発販売共に終了しているがいいのか?
  • 左カラムの「新着情報」が新着情報っぽくない表示だし, 日付ないのでいつのものかわからない。
  • 「新着情報」と「トピックス」の違いがよくわからない。
  • 「トピックス」の過去分があんまり過去分じゃない。
  • どのページもURLが長いし, URLの付与方法がよろしくない。
  • 健常者(目が見える人)であっても必要な情報に辿り着き辛い, または辿りつけない(検索必須)
  • いろいろずれているところがある。
  • title, description, keywordが適切に設定されていない。もしくは記述されていない。(検索エンジンに正しく情報が取得されない)
  • HTMLとCSSが分離されておらず, すべてインラインで記述

調べれば調べるほど東京に戻りたくなる不思議。。。うちの仕事でいうと, 開発部分も含めてコレでは流石に納品できないですね。

公共サイト運用モデルへの対応

WebアクセシビリティのJIS規格が改定された結果, 総務省から「みんなの公共サイト運用モデル」が発表されています。地方公共団体においても, 以下の内容が求められます。

<期限と達成等級の目安>
●既に提供しているホームページ等
– 2012 年度末まで 「ウェブアクセシビリティ方針」策定・公開
– 2013 年度末まで JIS X 8341-3:2010 の等級 A に準拠(試験結果の公開)
– 2014 年度末まで JIS X 8341-3:2010 の等級 AA に準拠(試験結果の公開)
●ホームページ等を新規構築する場合
– 構築前に 「ウェブアクセシビリティ方針」策定
– 構築時に JIS X 8341-3:2010 の等級 AA に準拠(試験結果の公開)

引用元 みんなの公共サイト運用モデル(2010 年度改定版)P3

JIS規格以前に壊れているので直してから対応していく必要がありますね。結構大変そうです。

運用モデルの中ではWebサイトのテストについても項目があるので, これまでよりも予算が必要になりそうです。今のところまだ「ウェブアクセシビリティ方針」は発表されていません。

まとめ

全体的には「ネットに載せてるんだから情報発信してるんだ!」といった開き直りを感じるレベルで酷い状態でした。総合計画の中ではこれらを改善しながら目標達成をする必要がある訳ですね、大変です。気が遠くなりますね…

そもそもこの総合計画に対して, 達成度の判定方法って用意されているんだろうか。税金を使って計画してるのでありますよね, きっと。

(東)吾妻Meetup@杉並を開催しました

※こういう飲み会したよ!っていう話です

地元の群馬県吾妻郡東吾妻町と東京都杉並区が友好都市条約を締結しているらしく、これはどこかのタイミングで町民&区民同士で盛り上がりましょう、という体裁で、しかしただ飲み会を開いただけでは面白くも何とも無いので、どうせなら地元地域の物産を持って行ってPRなんかしてしまいましょう!という飲み会です。

こう書くと頭の悪そうな内容ですが、このところ、以下のようなことをこのところ考えておりました。

  • 観光地沢山あるけど、来るの待ってるって限界ありますよね。
  • 農産物や加工品、物産の流通は杉並区役所前で直売したりしてるけど、どうせなら人材の交流とか人間それ自体の交流もしてみたいよね(若い人少ないので)。
  • 農産物、加工品の中でEC販売を考えた場合、独自の魅力が強い商品が沢山あるけど、それってネットで売っても誰も買わないよね→食べ貰ったほうが早いよ。
  • 東京に持ってって販売ルート作れれば、いろいろはかどるよね。

(東)吾妻となっているのは、どうせなら地元の町だけではなくて、地域全体でいろいろ考えられたらいいよね、といった意味合いです。

地元でこれから10年20年と生きて行くことを考えた場合、既存の手法で物産を展開したり、イベントものや観光地で集客を図るだけでは不十分な気がする〜けど、どうしたらいいのかよくわからない〜ので試しにやってみて、尚且つ相談してみました。

開催方法

今回、初回なので一体何がどうなるのかわからない、というのがあったのでFacebookでイベントを作成し、参加者を募りました。

実は東京には打合せやイベントの関係で定期的に訪れており、その都度飲み会を行ってワイワイするのを慣例としています。いつもの感じで、「今回はこういう趣旨で飲むよ!」といった具合で募集させていただきました。結果約15名での飲み会となりました。

6月に入ってから人数を確定、お店を私の方で食べログで検索し決定。

お店は高円寺北口の「ちどり亭 高円寺北口店」。

参加者の属性としては、プログラマ、デザイナ、インフラ、JD社長(!)といったところで、基本的にはインターネットで活発な皆さんです。

持っていった地元物産

1.吾嬬味噌醤油株式会社様「コンニャク鉄砲」もろみ漬け(ミニパック)

コンニャク鉄砲もろみ漬けミニパック

群馬県のうち、中之条、渋川、沼田、草津に直販店舗を構える吾嬬味噌醤油株式会社様から、珍しいコンニャクの漬物を御提供いただきました。また、販促用にパンフレットも併せて御提供いただいています。円筒形のコンニャクの中に、ごぼうとしそ巻き唐辛子を詰めたものを漬けています。もろみ漬けの時点でも中々類似商品がないんですが、さらに珍しいコンニャクの漬物です。

開催当日、ちどり亭様のご好意により、参加者に試食を振舞ったところ、「旨い」「なにこれ旨い」「え、おいしいじゃん!」といった感想をいただきました。

楽天でのEC販売もされています。ご興味のある方は是非。贈答用のセットも用意されているので、季節の贈り物に最適かと思います。
「蔵元もろみ漬」:http://www.rakuten.ne.jp/gold/moromizuke/

2.地元の米

米

無名のお米ですが、簡単に説明すると実家(兼業農家)で作ってる米。米うまいよ米。沢山用意できたんですが、重量の都合上1人3合ずつに小分けしました。
玄米30kgを1万円で販売もしています。※送料は注者負担ですが、東京で1800円くらいらしい。

こういう風景の地域、吾妻川のほとり岩井川原で作っています。
岩井川原

気になる方はinfo[AT]e2esound.comまでご連絡いただければ。

飲み会の中で話したこと

  • 温泉地あるならハッカソンとか勉強会とか泊まりで大きくやりたいよね
  • 東京から地元観光ツアーみたいなのは組めないの?
  • 東吾妻町の人たちが杉並区役所前で物産販売してるのは知られていない

こんなところです。勉強会等の話については、そういえばGunma.webでもしばらく前からしてるなぁと思ったり。
タイミングを見て各所に話をもっていってみたいと思います。(もっと地元営業頑張れ!って話ですね)

また、偶然なんですが、いろいろ地元物産の卸できませんかね?といった話も始まりそうです。この辺は地元に売上作れるならいいか、ということで細々と確実に進めていきたいと思います。