縦棒からの開放 -Slimのsmart text-

前の記事 に続いて Middleman の話ではなく, テンプレートエンジン Slim 単体の話です。

実はインクルード以外にも Plugin が追加されています。スマートテキストです。Slim を使い時に, HTML の通常テキスト部分を表すには | を使わなければならないことがありますが, これを使わずに書けるようになったようです。

またまたとりあえず動かしてみる

前回と同じリポジトリにディレクトリを追加しています。

yterajima/slim-plugin-sample

前回と同じ手順で下準備します。まだ rubygems 版には反映されていないので直接 github のコードを bundler で持ってきてます。

$ git pull git@github.com:yterajima/slim-plugin-sample.git
$ bundle install --path vendor/bundle 
$ bundle exec slimrb -v 
  Slim 2.0.3

slimrb -v の結果が得られれば問題ありません。ファイルが用意してあるディレクトリに移動して, コマンドを実行します。

今回変換対象になっているファイルの中身を見てみましょう。

doctype html
html
  head
    meta charset="utf-8"
    title Smart Text
  body
    .content
      p
        縦棒がないけど問題ないっていうね。
        すごいね。

      p
        エスケープも < 自動的にやってくれます。

p タグの中の文に | がありません。変換してみましょう。

$ cd source/smart-text
$ ./convert 

これで source/smart-text/index.html が更新されれば成功です。この convert コマンドの中身は次のようになっています。

$ bundle exec slimrb -p -r slim/smart index.html.slim > index.html 

-r オプションでスマートテキストのプラグインを読み込んでいます。その他は前回の記事と同じです。特に問題もなく変換することができます。

ファイルの中身にチョロっと書いてありますが, エスケープも旨いこと処理してくれます。

ドキュメント

公式なドキュメントについては, 次のリンクから確認できます。

slim/smart.md at master·slim-template/slim

日本語については昨夜 pull-req しておいたので問題がなければ次のリンクから確認できるはずです。

日本語版 smart.md

もしすぐに確認したい人は私のリポジトリで確認できます。(merge されたら消えます)

slim/smart.md at japanesereadme/updateofseptember2014 · yterajima/slim