e2esound.comで使っているツールやら何やらリスト

このところ作業方法だったりチーム戦の方法だったりを模索しているところです。いろんな方と話をする中で, 例えばうちのプロジェクトに参加してもらう場合どういったツールを使用する必要があるのか, 何が必要かといった話をしなければならない訳で。そんな時の備忘録としてまとめてみます。

Git

Git: http://git-scm.com/

これは必須ですね。全てのコードはGitで管理しています。
HTML/CSSはもちろん, プロジェクトに関するドキュメントや素材の共有にもGitを使っています。githubの使用も念頭には入れていますが, 今のところ全てのリポジトリはVPSで管理しています。プロジェクト以外の文書管理にも使用しています。

プログラマには一般的になったツールですが, デザイナさんやコーダーさんにはまだ導入されていない方が多いようです。便利なので是非入れて欲しいですね。プロジェクトによってはgit-flowを採用する場合があります。

Windows/MacともにGUI版ツールが存在するので黒い画面が苦手な場合には採用してみるといいかもしれません。

参考資料

Redmine

Redmine: http://redmine.jp/

Redmineはプロジェクトのタスク管理や作業時間管理, wikiなどに使っています。Gitと連携してチケット駆動開発も採用してみたいところですがそこまでは活用していません。

使ったことが無い方向けに説明するなら「機能がプロジェクト管理に特化された強化版掲示板+α」といったところでしょうか?使い方自体は難しくないので, すぐに慣れると思います。

SASS/SCSS

SASS/SCSS: http://sass-lang.com/

CSSを構造化し記述します。採用以前は小さい規模のWebサイトであっても運用中にCSSが重複したまま増加してしまい非常に管理し辛い状態でした。SASS/SCSSを使えばこの問題を解消できます。機能としてはもっと便利なmixinやら何やらがありますが, 目的としてはCSSをキレイに保つために使用しています。CSSがきちんと書ければそこまで難しくはないと思います。(運用を考えると難しい)

今のところYUI CSSをSCSS用に調整+設定ファイルの追加等を行いサイト固有のSCSSを追加する方法を取っています。

参考情報

knockoutJS

knockoutJS: http://knockoutjs.com/

JavaScriptを使用する場合にはjQueryベースで全て記述しています。knockoutJSは双方向データバインドの魅力もありますが, jQueryのコード量が増えた場合にJSコードをイベントと分離しキレイに保つために使用しています。

機能や拡張の仕方によってはいろいろできるようですが, あまり深い使い方はしていません。チュートリアルを一通り終えれば問題なく使えるようになります。うちで使っている範囲では学習時間は短く済みます。

参考資料

Markdown

Markdownは記法の1つです。記述後HTMLへの変換も可能です。
このブログの執筆, Redmineへの入力や打合せ記録等のメモ書きまで使用しています。Markdownはそのままの形式で人間にも読める文章構造を持っています。

記法の数はそれなりにありますが, 見出し・リンク・画像を覚えてしまえばOKです。githubでREADMEを記述する場合にも使用するので覚えておくと何かと捗ります。ブラウザの拡張やアプリでMarkdownに対応したものもあります。

参考資料

終わりに

とりあえず最低限を挙げてみました。もちろんこれら以外にもHTML/CSSはきっちり書ける必要がありますし, デザイナ/プログラマ問わず基本的なPhotoshopの操作スキルだったりも必要になってきます。

いつか事務所を大きくすることを真面目に考えると, HTML/CSSの基礎〜こういったツール群の使用方法まで教える必要があると思うとちょっと目眩がしますね…しかし覚えれば作業効率を上げることができるの必要です。

e2esound.comでは, こういったツールを使用しながら一緒に仕事をして頂ける方からのご連絡を随時お待ちしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。