Turntable.fmの登場と評価、考えなければならないこと

スタートは今日のTechCrunchの記事になると思う。

TechCrunch:Twitter以来久々の大物やみつきニューフェース:Turntable.fm

実際に使ってみました。面白いサービスではあると思う。面白いだけの消費するだけのサービスだとも思う。(もちろん今後の展開にもよるけれど)

国内での紹介とルール

ホームページのネタ帳:夜作業のWeb制作も楽しくなるturntable(ターンテーブル)が今、熱い

こういう中途半端な紹介はいけない。末尾に著作権ポリシーについて書いているけど、どうせならしっかり書くべきだと思う。

Turntable.fmのコピーライトポリシーはここ

ざっくり簡単に説明すれば、DMCA(デジタルミレニアム著作権法)に基づいて、コンテンツの著作権侵害には対処しますよ、という説明です。いわゆる”Notice and Take Down”に基づいて適切に処理しますよ!と書いてある。

違法なコンテンツ、要は適法にライセンスされていないコンテンツがあったら配信できないようにするよ!使えないようにするよ!というもの。日本国内であればプロバイダ責任制限法がこれと同種の働きをしています。

このルールの元々の意義は、サービス提供者に必要以上の責任を負わせないことが目的。

例えばYoutubeでユーザがアニメ動画をアップしてサービス提供者がそれを確実に監視できるのか?
できないなら発覚した時点で削除すれば責任はない。ざっくりと説明するならこんな感じ。

裏返せば、発覚しなければ削除されないしそこは無法地帯になる。

バランス

日本の大手レコード会社発の楽曲をアップして流している人が何人か居たけれど、それはライセンス的にアウトのはずだ。
(この辺はTurntable.fmがライセンスの管理をどうやっているのか?という点で変わってくる。少なくとも原盤権的には今のところ(ry )

Turntable.fmのサービス自体が悪い!という意味ではなくて、それを使用する人、それを使用できる環境がまずい場合があるっていう説明が適当になると思う。

他者の権利を侵害する蓋然性が高いコンテンツを発信される可能性が高いサービスが台頭してくるなら、
私たちはソニー・ボノ法を否定することもできないし、
これからの国内における著作権保護期間延長の議論を真正面から否定出来ない気さえする。

コンテンツの財産権が削られるならその分保護期間を長くする必要がある、と言われたら私たちはどう反論すべきだろうか?

この蓋然性が高いかの判断をする機関が必要なのかもしれない。公正取引委員会ならぬ公正コンテンツ取引委員会的な何かが。
(そんなもんができて適切に運用されるのか、というと頭がいたい)

誤解の無いように書いておくけど、私自身は著作権の保護期間がこれ以上長くなるのは何1ついい事がないと思っている。
財産権云々もあるけれど、権利自体の安定的な運用の観点からも既に長すぎる。

考えなければならないこと

ルールについて考えなければならない。文書化するなら法律かもしれないし新しい条約かもしれない。
コンテンツの提供者が食っていける程度の環境は維持しなければならないし、新しい世代に対してはコンテンツ利用の自由度を維持したバランスをもっと考えなければならない。

恐ろしいことに1度決定されたバランスはなかなか覆らないもので、決めてしまえばそのまま継続される可能性が高い。

Creative Commonsの登場から10年。

もっと新しいバランスが必要なのかもしれない。
音楽は私たちの文化だと思う。でもその曲は誰かの財産であって、誰かの明日の飯の種であることを忘れてはいけない。

追記

Turbtable.fmが採用しているらしいストリーミングカタログの提供企業medianetのコンテンツ提供パートナーがハンパなかったです。調べてから書くべきだった。

メジャーがそろっている!!http://www.mndigital.com/about-us/content-partners.html

Turntable.fmの登場と評価、考えなければならないこと」への2件のフィードバック

  1. ピンバック: turntable.fmを1週間遊んでの良いところ・悪いところ私見 | imasashi.net

  2. yterajima 投稿作成者

    Medianetについて調べた方がいいとご意見をいただいて調査中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。