Paypalで国内・個人間送金(寄付)ができない制度的な理由

以下の内容をfacebookでメモ書き的にノートにまとめたら、いいね!の数が多かったのと、「知りたい人多いんじゃないの?」と言われたのでblogにも書いてみる。


ホッテントリになったblogで、”paypalの寄付ボタンを付けてお互いに寄付しようぜ!”みたいなのが先日書かれていて気になっていたので調べてみた。

※※注意: 正確に条文や政令を引いた訳ではないので誤りがある可能性があります。

結論

  1. paypalでの国内→国内間の個人間送金は(今のところ)できない。つまり寄付はできない。
  2. 個人間であっても商売であれば、問題なく決済できる。(売買契約、役務の提供。)

調査内容

  • 送金に関する業務は銀行でしかできなかった。
  • 昨年4/1に資金決済法が成立し、銀行以外のものであってもこの業務ができるようになった。(規制緩和)
  • 1000万円は用意しないといけないんだってさ(財産の保全的な意味で
  • 最高罰金が3億(法人の場合)
  • あとは細かく規定つくれだのあーだのってのがある
  • [重要]移動資金業としての登録が必要
  • あと、何か指定の社団法人に加盟しないといけないらしい。今は1つしかない:日本資金決済業協会 http://www.s-kessai.jp/contact/shikin_youshiki.html
  • paypalはまだ登録してない。
  • よくよく探すとpaypalのヘルプでできませんって書いてある。(http://bit.ly/hQI7qD)

代替策を考える

・1つの解決策として、売買契約が成立すればいい問題ないんだろうから、’ソースコードの1部とかノウハウとかを商品として売ればいいかな、と思う。
→特商法上の問題で住所の記載が必要ですよね(マンドクセ

・寄付したい人限定で、専用フォームからお問い合わせして貰って銀行口通知して、普通に寄付して貰えばいいと今は思います。
→計上どうなるのか気になるけど、また今度調べる。

要はpaypalさん早く対応してくれないかなぁ。

(保証金的な1000万円に対する利益と社団法人の絡みで何かあるんじゃないんですかねぇって勘ぐっちゃうよね)

Paypalで国内・個人間送金(寄付)ができない制度的な理由」への3件のフィードバック

  1. ピンバック: [subsonic]ライセンス取得したかった | kyuuri.net

  2. ピンバック: Paypalで国内・個人間送金(寄付)ができない制度的な理由 – e2esound.com業務日誌 | さいと おぶ ちゅどん

  3. ピンバック: Tweets that mention Paypalで国内・個人間送金(寄付)ができない制度的な理由 - e2esound.com業務日誌 -- Topsy.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。