ci-2.0.0.dict::CodeIgniter2.0.0辞書ファイル for Vim/GVim

ci-dict_head

CodeIgniter2.0.0のvim用辞書ファイルを作成しました。最新版はgithubにあります。

CodeIgniter Reactorが出たので、新しく作り直しました。管理もgithubからbitbucket.orgへ移行しています。
https://bitbucket.org/yterajima/ci_reactor_dict/

github:ci-2.0.0.dict http://bit.ly/bDyKXl

注意

この辞書ファイルは、CodeIgniter2.0.0の本家版ドキュメントを元に、クラス、関数、引数に関してまとめたものです。

本日現在のbitnucketにある最新版CodeIgniter 2.0.0のドキュメントは十分でなく、新たに追加されたjQuery ClassやCapcha Helper等に関してはドキュメントがありません。ドキュメントに追加が行われた場合、または私本人のモチベーション次第で随時辞書データを追加していきます。

作業方法は内容を確認しながらの手作業です。手作業で行っている為typoが含まれる可能性があります。ご利用の際にはその点にご注意ください。また、typoや不足を発見された場合には、githubでforkしていただき修正いただくか、当blogへのコメント、辞書ファイル内のメールアドレスにご連絡頂けると助かります。

辞書ファイルの扱いについては、”AutoComplpop vim”や”neocomplcache vim”で検索をかけると見つかると思います。

辞書ファイルを作る目的

・Vim/GVimでの開発高速化(辞書機能ベースの自動補完機能)
・CodeIgniter利用へのユーザーコストの低減
・CodeIgniterユーザーでVimmer増えないかな、という期待

辞書ファイルとは関係ありませんが、snippet.vimのようなスニペット管理プラグインを使用するとControllerやModelの定型フォーマットが一瞬で作れてかなり便利になります。

OSSの中でできること

オープンソースは多くの人の力を少しずつ少しずつ借りながら成長していきます。こんな辞書ファイルを公開してみたり、友人にお勧めしてみたり、日本語ドキュメントの作成に参加したり、hackをまとめてたりできることは沢山あります。CodeIgniterでも何かしてみませんか?

ci-2.0.0.dict::CodeIgniter2.0.0辞書ファイル for Vim/GVim」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: CodeIgniter Reactor Dict for Vim/GVimを公開しました - e2esound.com業務日誌

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。