Ruby始めました

Ruby始めました。

たのしいRuby

日曜日にysakaki氏と吉祥寺でランチする機会がありました。RubistでありMitaka.rb主催者である彼から「Rubyやろうよ」と誘われ、今なら時間もありますし、他言語を学ぶことでPHPにもフィード・バックできるかな?と思い、帰りがけに本を購入。

購入したのはたのしいRuby 第2版 Rubyではじめる気軽なプログラミング。書店にはこの他に1冊しか初心者向けの本が無かったのですが、Rubyの親まつもとゆきひろ氏の監修もあるということで決定。今のところ不満もなく、非常に読みやすいです。

PHPer(PHPプログラマーをこう言います)としては、あまり他言語を褒めるというのもアレなんですが、、、

「Ruby、いいよ」(ボソッ


まだ、第1部の導入を完了した時点で現時点での感想です。ザクッとこんなところ。

  • 関数名が短い
  • 環境の導入がPHPよりも楽(WinXPでone-click installer利用)
  • 変数に”$”いらない→左手が楽
  • 行末に”;”いらない→打鍵数の減少

特に、関数名が短いのは大きいです。PHPは言語の成り立ちの都合か、関数名が長かったり命名規則がバラバラだったりと、、、実はとても覚え辛いのです。htmlspecialchars()とか。

Rubyを始めたからには、やはりRailsまで手を出してみたい!と考えています。どうなることやら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。