vimでZen Coding::zencoding.vim

Zen-Codingって何だ?って人は以下のdemoをどうぞ。

HTMLを高速で作成できる(ようになれるかもしれない)コーディングスタイル。これがZen-Codingなのです。

Aptana等々のアプリケーションではプラグインが公開され、実際にこのコーディングスタイルが使えるらしいです。では、vimではどうなのか?つまりはいつもの行動パターンをとるわけです。

Big Sky:zen-codingの殆どの機能をzencoding.vimに取り込んだ。

mattnさんありがとうございます!感謝感謝!!早速使ってみます。最新版のzencoding.vimはmattnさんのgithubからダウンロード!!

リンク先にある通り、インストールは~/ftpplugin/html以下にzencoding.vimを入れればOKです。ただ、ftppluginディレクトリ以下にhtmlディレクトリはないので、自分で作成してくださいね。

んではんでは、試してみましょう。

div#sample

ここで、<Ctrl+y>,を押します。全部を同時押しではなく、感覚的には<Ctrl>y,の順に素早く押すイメージです。(適当に押していてハマっていたのは私ですorz)

結果はこうなります。

<div id="sample"></div>


HTML/CSSが書ける人であれば何となくイメージできる書き方ですね。ちなみに、こんなこともできたり、

div#sample_list>ul>li.list1*5
<div id="sample">
<ul>
<li class="list1"></li>
<li class="list1"></li>
<li class="list1"></li>
<li class="list1"></li>
<li class="list1"></li>
</ul>
</div>

この辺りの詳細はココを見れば分かるかと思います。実はCSSも書けるんですね。知りませんでした。

zencoding.vimを使用する場合、どうやら:set filetype=htmlする必要があるようです。(:setf htmlでも可)
このファイルタイプの設定とショートカットキーの打鍵に気を付ければ、すいすいhtmlがコーディングできる!(ようになるんだろうなぁ…(遠い目))

viewに時間をかけたくない!と思いながら「hamlどうなんだろう?」といろいろ探しまわっていた中での出会いでありました。これはきっと運命!

さぁ、皆さんもZen Codingで高速コーディング!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。