MySQLにサンプルデータをinしてみる::郵便番号

SQLクエリの動作を確認する場合、特に大量のデータ処理をテストする場合にはサンプルデータを作成しなくてはなりません。
Excelを使って適当に、ランダムに作るのも手ですが、簡単なテストの場合にはちょっと面倒ですね。

そこで、何かサンプルとして使えるデータはないかと考えた時、郵便事業株式会社が提供している郵便番号データが挙げられます。
(これ以外に何かいいサンプルデータをご存じの方は教えていただけると大変助かります!!)

早速、localのMySQLにインポートしてみました!!

■郵便番号データの整形
まず、こちらの中段にある「全国版」LZHファイルをダウンロード。

現れたCSVファイルには今回使用しないデータが含まれるため、一手間かけてデータを整形します。

  1. Excelで開く
  2. A、B、D、E、F、J~O列を削除
  3. A列の左側に列を挿入し、新しく挿入した列に1~最終列まで連番をふる
  4. B列(郵便番号)のセル書式を変更(郵便番号の書式が狂う為)
    →B列を選択→右クリック>セルの書式設定>表示形式タブ>ユーザー定義>「種類」と書かれたエリアに「0000000」を入力>OK
  5. CSVファイルとして保存
  6. 保存したファイルをテキストファイルで開き、文字コードをMySQLに合わせて変更(TeraPadやVimでいける)
  7. 変更後のファイルを保存

以上でファイルの整形は終了です。

■DBとTableの準備
DBは適当な名前でCREATE、または既存のDBを使用します。
Tableの構造は、以下の通り。

フィールド 種別
id int(6)
postdata text
pref text
area text
address text

データのテスト用なので緩く。尚、主キーはidにします。

■郵便番号データのインポート
phpMyAdmin等を使用して、郵便番号データをインポートします。

これで完了です。
ファイルを作るのが面倒な方は、こちらにファイルを置いておきます。

MySQLにサンプルデータをinしてみる::郵便番号」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: バルクインサートとインサートで処理速度を比較してみた | ニクニクドットミー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。