プログラムコードに火をつけろ!

「火をつけろ」と聞くと、森雪ノ丞先生の書籍を思い出さずにはいられません。「バンドやろうぜ!」がとても懐かしいです。

いきなり関係ないことを書いてしまいました(汗
本題はフレームワークの話です。

Ruby on Railsを発端としたCakePHPやSymphony等のPHP用MVCフレームワーク。
どのタイミングだったかは忘れましたが(多分Twitter)、CodeIgniterというフレームワークを知りました。

当時はバタバタしていて、中身を触ることまではしていませんでした。

個人事業の開始に伴い、フレームワークの調査をしていたところ、最も適しているのものがCodeIgniterではないかと思い、ごにょごにょしている次第です。

1通り学習してみた結果の感想として、

  1. 日本語情報が少ない
  2. 動作は速い
  3. いい意味で余分なものが付いていない
  4. コーディング規約が緩い
  5. 名前がカッコいい

今のところ気に入っていますが、日本語情報が少ないのは少々痛いです。
ただ、昨年から火が付き始めたフレームワークらしいので、これからのユーザー数の伸び+日本語情報の充実に期待したいと思っています。
その為に、自分でもサンプルcodeを書いてblogにアップしたいところです。

CodeIgniterは、Web、chmでのヘルプ/リファレンスが充実しているので、特に入門書は不要かと思います。
しかし、念のため・初学者の方の場合には、いい書籍があるのでお買い求めください。

Powered by ScribeFire.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。