日本語入力:SKKIME

日本語入力のプログラム作った人ってすごいな!!と思いました。
入力システムが違うだけでここまで作業に差が出るとは思っていませんでした。

これも単にIMEに甘えてきた自分がここにいるからな訳で。

昨日書いたUbuntuの日本語入力の弱点に対して、
yamaさんからSKKというものを薦められました。

SKK(エスケイケイ、Simple Kana to Kanji conversion program)は、Emacs上で動く、
日本語インプットメソッドの一つである。
(Wikipedia-‘SKK’より)

Emacs系の日本語入力システム。

「個人辞書」にない単語をサーバなどから検索し確定した場合、単語をどんどん「個人辞書」に取り込むドラスティックな方法を取っています。「個人辞書」を最優先し、個人で使用頻度の高い候補順に変換されるので、ヒット率が非常に高いです。   (SKK Openlab:SKK の特徴とは

何だか、凄いな。使うほどに劇的に成長する日本語入力ということですね。

そんなSKKのWin版「SKKIME」を使用してみました。
とても変わった日本語入力です。

例えば、「日本語入力をしてみました。」と打ち込む場合には、
「Nihongo Nyuuryoku woshitemimashita。」と打つことになるます。

漢字変換する場合には、その単語の1文字目を大文字で入力する必要があります。
もし小文字のまま入力すると全て平仮名で入力されます。

[shift]を押す分手間がかかる気もしますが、何度も[space]を押すことを考えれば楽だと思います。

まだまだいじれていないので評価は難しいところですが
変換の機能や成長を考えれば非常に面白いですね。

ただ、個人的に使い辛い点は

  • Emacs用っぽいショートカットを多用しなければならない
  • キー操作が今までと変わるので初期導入コストが高い
  • 他のアプリケーションとショートカットが重複
  • 情報が少ない

私がVimを使用しているので、ちょっと[Ctrl]を多用するショートカットには不慣れで(汗

情報が少ないのも厳しいです。
パラメーターの調整やショートカットの変更に手間取っています。
自分用に調整できれば使いやすくなりそうですが、しばらくかかるんだろうな・・・

初めてVimを使い始めた時に似ているような。
調整ができて初めて快適な動作が保障されるという点で。

しばらく使ってみてからUbuntuに導入するか検討してみたいと思います。

日本語入力:SKKIME」への3件のフィードバック

  1. terra

    >yamaさん
    おーUbuntuでは試していませんでした>< 試してみまーす。

  2. yama

    skkime はいまいちだと思います><
    ubuntuならscim-skkが導入が簡単でしょう。私はuim-scimブリッジを入れて、uim-skkを使っています。
    初期コストはたしかに高いですが、慣れるとかなり快適ですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。