テキストエディタを選ぶ

プログラミングはもちろんのこと、簡単なPC作業の中でもテキスト・エディタは使い易いものを用意しておく必要があると思います。

Win環境だとメモ帳が挙げられますが、機能が限定的で使い辛いです。
そこで、テキスト・エディタをインストールして使う必要が出てきます。

最も一般的なテキスト・エディターは秀丸エディタのようです。同僚がこぞってこのエディタを使用していました。

一方、私はTeraPadを愛用していました。
当時、テキスト・エディタに求めた機能にシンタックス・ハイライトが挙げられます。HTMLを色分け無しにタグ打ちするのは非常に大変だったので使い始めたんだと思います。今でも時々使います。

他には、NoEditorを使用する場合もありました。TeraPadではPHPの色分けができなかったので、一時期使用していました。

最終的に、今はVimに落ち着いています。恐らくもう変わらないと思います。多くの言語に色分けが対応しているので、大抵の事は処理できてしまいます。
キー・バインドが非常に特徴的なエディタです。Linuxを使うようになってから、「どうせならWinでも同じ環境で作業したい」と思い使い始めました。
未だに使いこなせてはいませんが、最近、設定も纏められたのでこれからが勝負です。

さて、他にもエディタは沢山ありますが、作業効率に関わってくる部分なので幾つか試してみることをお勧めします。
「とりあえず、メモ帳は嫌だ」という方には、TeraPadがおススメです。

あとは、ご自分の用途に併せて探すのみですね。←結構、大変。

■テキスト・エディタのリンク
・ベクター:http://www.vector.co.jp/vpack/filearea/win/writing/edit/
・窓の社:http://www.forest.impress.co.jp/lib/offc/document/txteditor/
・TeraPad:http://www5f.biglobe.ne.jp/~t-susumu/library/tpad.html
・秀丸エディタ:http://hide.maruo.co.jp/software/hidemaru.html
・NoEditor:http://www.yokkasoft.net/
・Vim:http://www.vim.org/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。