持ち歩きたいガジェット

iPhoneが衝撃を与えている中、個人的にはネットブックの動向が気になっています。

元は$100PC構想(OLPC)が進められて行く中で、先進国ではサブマシンとしての「ネットブック」という展開を見せている。
代表格は、ASUSのEeePCが挙げられる。続いて、各社続々と発売しているし、DELLでももうすぐ発売されるらしい。

このネットブック。非常に欲しいのです。
今使用しているノートPCは拡張バッテリを積んでいる都合、重さが目立ちます。

拡張バッテリなのに、5時間持たないし。


持ち歩き用のガジェットとして欲しい次第です。
もちろん、willcomやE-mobileの契約もしないとネットブックとしては機能させられないので、結局は回線コストの問題があり導入に踏み切れない次第です。

欲しい。iPhoneよりも欲しい。

ネットワークに可能な限り接続している生活が送りたい、というよりも
すでにアプリケーションやWebサービスの活用の結果、ネットワークに接続しないとできない作業が多くなってきた影響が大きいです。

「依存的」ではありますが、今後もこの生活から抜け出せないだろう、と感じています。

いつか、「電脳」(from攻殻機動隊)の世界が訪れるのかもしれません。
む。その前に、ウェアラブル・コンピューターの方が早いのかも。

注)別に2chやニコニコ中毒な人間ではありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。