群馬:情報の価値/情報の距離

地元に帰ってきています。群馬県の草津や伊香保に近い地域です。

agatsuma_04
agatsuma_03
agatsuma
agatsuma_02

典型的な「地方」です。
特筆すべき産業がある訳でもなく、若者は都市へと流出しています。
実際に、私もその中の1人ではありますが。

帰ってくる度に感じるのは、情報格差です。
東京でなら普通のことが全く知られていなかったり、関心すら無いのが現状です。

例えば、最新のガジェットやソフトについて話すことができる人はいません。

ネットワークは自由に情報にアクセスすることを許してきましたが、アクセスしない人には関係のない話です。

「人が来ないから仕事がない」
というのはいい訳を含んでいるような気がします。

そんな企業のHPを見れば、アクセシビリティが悪く、何のためのHPなのか分からないものとなっていることが多いです。
これは、機会損失ではないでしょうか?

ターゲットを絞り、SEO対策を施せば、ある一定の地域の中でならHPを作るだけでプロモーションが可能です。
この部分を説明するのは非常に面倒ですが、ニッチなマーケットとしては成立する気がします。
情報は低コストで高いパフォーマンスを発揮できる可能性のある媒体です。

企業サイト作成の人員もいない、とも言えるかもしれません。
ネットワークを自由自在に泳ぐのは大変ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。