公衆無線LANか専用カードを導入するか。

使用しているノートPCは無線LANに対応している。

携帯電話もヘビーに使いこなしている方に分類されるだろうけれど、やはり限界を感じてしまうことが多い。
何よりも、タイピングに時間がかかるのが辛い部分。

一時期は公衆無線LANの整備がもっと進むことになるだろう、と思っていたけれど
WILLCOMやE-Mobileの登場で状況は大分変化しているようだ。

公衆無線LANの契約をしていた時期もあるけれど、如何せん使える場所が限られてしまう。
契約先はYahoo!だったのだけれど近所に使える場所がないし、一々使える場所まで移動しなければならないのは大変だった。

だったら、WILLCOM辺りで通信費を支払って使おうか?と考えてみるも通信費と使用量が合わない気がするので却下。
もっといろんな場所で使える公衆無線LANサービスがあればいいんだけどなぁ~。

試しにFONを導入してみようかとも考えましたが、思ったよりは広がっていない模様。

もっと自由に気軽に接続できるようになれば良いんだが。
基本的に外に出ない自分には贅沢な世界ですが、いつかそんな事も出来る日が来てくれると良いですね。

手っ取り早いのは、公衆無線LAN接続時に広告映像を強制的に視聴させて一定時間使用できるようなビジネス・モデルとか。
そうすればタダで使えるんだけどなぁ~。

しかし、広告が前提の回線を使う気にはちょっとなれないのも事実ですね。
(送受信データ解析されてるかも・・・と勘ぐってしまう)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。