無料動画配信サービス比較

今更ながら、無料の動画配信サービスの比較をしてみた。
比較も何も…と思われるかもしれないけれど。

まずは、やっぱりYouTube
最終的にはGoogleに買収されて、今や動画配信業界のドンですね。
著作権にかかる動画が多数配信されているのは問題だけれど、動画サービスとしては成熟しているし、他社サービスがYouTubeを利用することもある。

例えば、mixiに動画を貼り付けることができる。ニコニコ動画もできるけど。

話のついでに、続きましてニコニコ動画
ドワンゴの関連会社、ニワンゴが運営するちょっと変わった動画配信サービス。

最大の特徴は、ユーザーが動画に対してコメントを付けられる点。
MAD作品が大量に見られるのも特徴かもしれない。MADが作られるのは、コメントの効果が高いと思う。MAD作者にとってはユーザーの反応がすぐに得られるから。

続いて、SONYが展開するeyeVio

突出した部分はあまり感じない。何故か、TopにGoogleのAdsenseが大きく載っているのも、SONYなのに…と感じてしまう。
記憶が確かなら、違法動画を削除するために、専用の人材を使って対応していたと思う。

傾向が異なる気もするけれど、Gyao
映像の合間にCMを挟むことで、過去のテレビ番組やアニメを放映している。

最近、一番印象に残っているのは「ガンダム00」を毎週切り替えながら放送していたことだろう。何だか新しいアニメのプロモーション手法の予感がする。

最後に、クリエーターへの利益の還元を目指して作られたサービス、Revver
具体的な事例はCNetの過去の記事から分かる。

映像と利益を共有するサイト、Revver
いつの間にか買収されているし。
ビデオ共有サイトRevver、売却先を決定

開始当初は、新しいビジネスモデルとして相当の注目を集めたけれど、いつの間にやら衰退してしまった。若いクリエーターは利益よりも賞賛を求める、ということなのかもしれない。

私自身もこのサービスには期待していた。だからこそ現在経営難に陥っているのは残念で仕方がない。

コンテンツの配信には多くの契約が絡んでくる。
NDA(秘密保持契約)、配信許諾契約などなど。映像の場合、項目的には肖像権やキャラクター権、権利者の保証義務条項も含めると面倒な契約になる。実態がないからこそ多くの条項を定めなければならない。配信数の報告も必要になってくる。

音楽配信においては、ある程度ビジネスが閉ざされた環境の中で進んでいるので安定してきている感はあるけれど、映像においてはコンテンツが「無料」という意識をユーザーに先に植え付けてしまったと思う。ビジネスとしては、映像を中心としてノベルティの販売等で確実な収益を上げた方が効率がいいかもしれない。

目に見えない

これが今のコンテンツ業界の最も難しいところではないかな、と思う今日この頃。
何に対して、ユーザーが価値を見出すのか。
これはとても難しいし、安定して仕掛けるのは非常に困難だと思う。

これからの変化も引き続き観測していきたい。

無料動画配信サービス比較」への2件のフィードバック

  1. terra

    コメントありがとうございます!!
    最近は映像編集を売りにしたサービスも出てきていて楽しくなってきましたね。

    P.S.やっぱりkazunoriccさんのお仕事ページのTopがカッコいいです。

  2. kazunoricc

    コメントありがとうございます!
    こちらこそTwitterではお世話になっています。
    動画サービスは今後どのような発展を見せるのか非常に興味深いですね。まだまだコンテンツとしては広がりそうな予感もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。