プログラムに目覚めたきっかけ

最初に手にしたのは、Excel VBA。いわゆるマクロです。

なぜ、VBAに手を出したのか???
失礼な答えかもしれないけど、

暇だった@就職活動の真っただ中
(就職先きまってないのにw)

やる気も起きないけど、何もやらないのもちょと…汗
な気分で手近にあるExcelに手を出しました。

学習時間は1ヵ月程度だったと思います。分厚い基本書を一冊読んで、プログラムで遊んでいました。

VBAのいい所は、開発環境がしっかりしている所かと思います。
Excelに標準で付属するVBE(Visual Basic Editer)
エラーも発見してくれるし、methodの候補も呼び出してくれる。丁寧この上ない開発環境です。作成したプログラムをコンパイルする必要もなく、即座にExcel上で走らせることができる。

開発@MS Excel環境

面白かったのは、

  • 目の前ですぐに動かせる
  • エラーの修正も容易
  • サンプルコードも探せば山ほどある
  • サンプルコードを集めた本もあります

何よりも、実際の現場での仕事に役立ちます。Excelを使用する定型業務をプログラムで自動化することができますから。
(流石に、今の日本の企業にExcelがインストールされていないことはないでしょ。)

おまけでいうなら、VBAを学ぶとExcelの能力を最大限に生かした作業ができるようになります。関数や並べ替えなどなど。事務方(文系の学生さん)は学んでおいて損はないはず。

VBAでは、変数、定数、制御構造式、関数、とプログラミングの基本的な部分は押さえていると思うので(正規表現ない)、他言語の習得時にも少しは話が早いですね。

その後、業務でHTMLを打たなければならずに、自然に習得。
Blog作っているうちにXHTML+CSSも自然に習得。

そして、何故かPHPに挑戦中です。

明日は、幾つかサンプルのプログラムを走らせてみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。