LocalhostでWebサーバーを動かす方法

HTMLやPHPをいじるようになると、レンタル鯖でFTPクライアントでupload→確認、と何かと面倒が多い。
そこで、どうにか自分専用の鯖を持てないか検討&検索。
鯖を外に公開する必要はとりあえず無かったので、Win XPにXAMPPをインストールしてみました。

鯖用に新しいPCを購入する予算もないし、知識もないし…何をインストールすればいいのやら、な状態だったので。

参考にさせて頂いたのは、

phpspot XAMPPのインストール

特に難しいことはなく、APACHE FRIENDSからダウンロード。

Defaultのインストール先は「C:/xampp」になっていますが、「C:/Program Files/xampp」にしてインストールしました。
あとは、ブラウザで「http://localhost」or「http://127.0.0.1」にアクセスすれば大丈夫。

細かい設定は自分よりも詳しい方々がblogで書かれているので、そちらを。

俺がいじったのは、

apacheのhttpd.conf(C:/Program Files/xampp/apache/conf/httpd.conf)の

176行目:DocumentRootを”C:/Documents and Settings/ユーザー/My Documents/localhost”へ変更。
197行目:同じく<Directory “~/localhost”>に変更。

変更したら/htdocs内のファイルを全て/localhostにコピーすることを忘れずに!!

鯖にアクセスした際に、どのディレクトリ(フォルダ)以下のファイルが、Localhostとして表示されるのか、の変更です。

Defaultでは”C:/Program Files/xampp/htdocs”以下のファイルに設定されているけれど、管理上面倒なので。

もし自分のPCだけで鯖が動けばいいのなら、.htaccessファイルでアクセス制限を掛けておいた方が良いですね。

蛇足

Skypeを使用していると、ポート番号がApacheと重複してエラーすることがあります。

Skypeのポート番号を問題のないものに変えれば解決です。

LocalhostでWebサーバーを動かす方法」への1件のフィードバック

  1. shinji

    >蛇足
    >Skypeを使用していると、ポート番号がApacheと重複してエラーすることがあります。
    >Skypeのポート番号を問題のないものに変えれば解決です。

    ここピンポイントですごく助かりました!
    Thank you!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。